同人CDの作り方は?イベント頒布用に手焼きでオリジナルCDを作ろう!|ニコニコ道具箱

ニコニコ道具箱

これからニコニコ動画でDTM、ボカロP、歌ってみた、動画師を始めたい方向けの総合情報ブログです。
初心者の方から、すでにニコ動デビューしている方にも役立つ情報を日々更新しています。
僕がボカロPとしてニコニコ動画で活動するようになってから得た、知識や経験などを合わせて、
次世代のクリエイターの方にお伝えしていきます。

同人CDの作り方は?イベント頒布用に手焼きでオリジナルCDを作ろう!

ニコニコ動画でボカロPデビューしたら、次はボーカロイドオンリーイベントやコミックマーケット等のイベントに参加したくなりますよね。
せっかくイベントにサークル参加するのであれば、自分の曲を入れたオリジナルCDを作りたくなるのは当然の事でしょう。

今回は手焼で低コストに作る同人CDの作り方について説明していきます。

side_Music Missing_Link
※side_Music Missing_Link

目次

1.オリジナルCDを作る方法


一言でオリジナルCDを作ると言っても、作る方法は大別して2通りがあります。
本題に入る前に、同人CDを作る2つの方法について説明しておきたいと思います。

1-1.CD-Rで作る


太陽誘電CD-RCD-Rと言われる記憶メディアにデータを記録する方法です。
CD-Rにデータを書き込むことを「CDを焼く」とも言うので、しばしば「手焼きCD」と言われます。

CDドライブと内蔵したパソコンであれば個人での制作が可能なので、専門的な知識もほとんど要らない、非常に簡単な方法です。

実際の同人イベントでも、CD-Rで制作した頒布物は良く見かけますので、同人CD制作では最もポピュラーな方法です。
僕自身もイベント参加時はCD-Rで制作したオリジナルCDを持ち込んでいます。

1-2.CD-Rで作るメリットとデメリット


原材料が安いので、比較的コストを抑えて制作できます。
また、制作を個人で行うので、納期もギリギリまで引き延ばせるので、イベント前日に作業することも可能です。
ですが、1枚1枚CDを焼いていかなければならないので、時間と手間がかかります。

例えば、1枚のCD-Rを焼くのに5分かかったとしましょう。(時間は曲数によります)
そのCD-Rを50枚作るとしたら、250分=約4時間かかります。

従って、CD-Rは、少ない部数(ロット)でオリジナルCDを制作する場合に向いています。
大量生産には向いていません。

また、厳密に言うとCDの製法とは違い、強いレーザー光で記録面に光の反射する部分としない部分を作りだし、データを保存する形式をとっています。

そのため、ごく稀に書き込みエラーが生じたり、紫外線で劣化することがあります。
僕がCD-Rでオリジナル同人CDを作る場合、焼いたCD-Rをランダムにピックアップして正常に再生できるかを確認しています。

1-3.PCプレス業者に依頼して作る


CD-ROM一般に売られているアーティストのCDや、パソコンのソフトをインストールするディスクと同じ製法で制作されるCDを業者に依頼して制作する方法です。

マスターCDを基にCDのデータを記録する反射層の「型=スタンパー」を作ってCDを制作するのですが、そのスタンパーを作るのに費用がかかります。
1度スタンパーを作ってしまえば、いくらでも量産が可能なので、100枚以上の大量生産に向いています。

同人イベントでも10曲以上入ったフルアルバムを制作する場合や、100部以上を制作する場合は、CDプレス業者に依頼して作ったCDを多く見かけます。
僕自身も、フルアルバムを作る際はCDプレスでウン百枚制作しました。

1-4.PCプレスで作るメリットとデメリット


市販のCDと同様の物が作れるので、数ページにわたるジャケットもデータさえ渡せば一緒に作ってくれて、帯も付けられます。
ちゃんとキャラメル包装もしてくれるので、高い完成度を誇ります。

大量生産向きであり、100枚以下は請け負って貰えない場合が多い。
その場合でも、ブックレットを付けると10万円近い費用がかかってしまいます。
ですが、枚数を増やせば増やすほど1枚の原価は下がるので、沢山の人にイベントでお求め頂けると黒字にすることが出来ます。

例えば、8ページのブックレット付きで10曲入りアルバムを1000枚制作したとしましょう。
その場合、大体1枚の単価は100円程度まで下がります。
フルアルバムの金額を1000円とした場合、1枚売れると900円の利益。1000枚完売したら90万円になります。
(有名Pさんでない限り1000枚売るのは難しいですが)

在庫を捌けなかった場合は、大量の在庫をかかえ、製作費が回収できないリスクが付きまといます。
上級者向きと言えるでしょう。


2.手焼きでオリジナル同人CDを作ろう


CDを焼く前置きが長くなってしまいましたが、オリジナルの同人CDを作る2つの方法については、理解頂けましたでしょうか?
それでは早速、初心者でも簡単で低コストで作れるCD-Rを使った同人CDの作り方を紹介していきましょう。

同人CDを作るには、いくつか必要なものがあります。
パソコンは持っていることを前提で話を進めさせていただくと、

  • CD-R
  • CDライティングソフト
  • CDケース
  • ジャケット用イラストとジャケット用紙
  • レーベル印刷可能なプリンター

あたりが制作に必要になってきます。
それでは、順番に上記の必要物品の選び方やおすすめを紹介していきます。

3.CD-Rについて


音楽用CD-RCD-Rは音楽用CD-Rとデータ用CD-Rの2種類が市場に出回っているのをご存知ですか?
音楽用CD-Rは、一般アーティストのCDをダビングする為に使用するCD-Rです。
いわゆる曲の著作権料が含まれた金額がCD-R代に上乗せされているもので、データ用に比べて若干割高になっています。

データ用CD-Rは、音楽にかかわらず画像やテキストファイルなどの一般的なデータを記録するCD-Rです。

音楽用のCD-Rで自分の曲を入れたアルバムを制作しても、著作権料は入りませんので、同人CDではデータ用CD-Rを使うのが一般的の様です。


3-1.おすすめのCD-Rは太陽誘電製「That's」


CD-Rは沢山の大手メーカーから様々な種類が発売されていますよね。
どれも「高品質」と書いてあり、どれを選んでいいのか悩んでしまうと思います。

TDK、maxell、三菱等の大手メーカーのCD-Rは台湾メーカーのOEM製品で、いわばMade in Taiwanです。
別に台湾製が悪いという訳ではないので、基本的にはどれを選んでも問題ないと言うのが結論です。

ですが、CD-Rにもおすすめがあります。
CD-Rで評判の高い純日本製CD-R、それが太陽誘電製「That´s」シリーズです。

太陽誘電製 That's CD-Rデータ用 2-40倍速700MB 盤面アクアホワイト ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 CDR80AWWY50BR



僕は「That´s」シリーズ以外には使っていません。
今のところ、書き込みエラーが生じたことは無いです。

CDプレス業者にCDを依頼する際はマスターCDで納品するのですが、その際に業者から薦められるのも、太陽誘電製「That´s」シリーズの「CD-R for Master」です。

CDプレス業者も認める日本製「That´s」なので、CR-R選びに迷ったらこれを選んでおけば問題ないでしょう。


4.CDライティングソフト


CDライティングソフトは無料の物でも優秀な物がたくさんあります。
大抵の場合は、PCに光学ドライブがある場合はCDライティングソフトが付属していると思います。
僕は、Roxio Creatorを使っています。

CDライティングソフトが無い方は無料ソフトを使うといいと思います。
ですが、最近はBaidou(百度)等のスパイウェアが抱き合わせでインストールされることがある様なので注意して下さい。


5.CDケース


CDのケースにも様々な種類がありますね。
一般的には

  • ジュエルケース
    いわゆる一般的な厚さ10mmのCDケースで、アルバムの様な数ページにわたる厚めのジャケットが入る。
  • スリムケース
    厚さ5mmのケースで、薄めのジャケットが入れられる。バックインレイ等は入らない。
  • マキシケース
    厚さ7mmのケースで、CDのレーベル面を外側に見せる配置のCDケース。
  • デジトレイ
    厚紙にデザインを施し、その上にプラスチックの台座を張り付けたCDケース。
  • 不織布
    不織布で作られたCDケース。一番コストが安い。
  • ペーパー
    紙で作られたCDケース。不織布よりは見栄えが良いが、紙なので搬入時に折りじわがつく可能性がある。

等があります。
このあたりは好みの問題なので、自由で構わないと思います。

僕の場合、曲数が少ないCDを制作する時は手焼きでCDを作ります。
ですが、ジャケット(歌詞カード)はつけたいので、薄いジャケットなら入るスリムケースを使用しています。

スリムケースは一般的なジュエルケースに比べて、厚さが半分なので、イベントに持っていくときも荷物が大きくならなくて済むというメリットもあります。

SANWA SUPPLY DVD・CDケース(1枚収納)(マットブラック) 50枚セット FCD-PU50MBK


参考までに、僕はSANWA SUPPLYのCDケースを僕は良く使っています。
カラーや枚数も数種類ラインナップされているので、自分に合った物を選ぶといいのではないでしょうか。



6.ジャケットイラストとジャケット用紙


同人CDを作る場合、CDのジャケットがあると見栄えがグンと良くなりますよね。

CDジャケットの作り方としては、印刷会社にジャケットだけ印刷を依頼する方法や、自宅のプリンターでジャケットを印刷する方法があります。

ジャケットのイラストは、自分でデザインできれば勿論問題ないのですが、そうでない場合は絵師に協力して貰ったり、印刷会社にデザインを依頼する方法があります。

ニコニコ動画等で曲を発表しているボカロPさん等であれば、動画のイラストをお願いした絵師さんに、まず相談してみるといいでしょう。

印刷の仕方でファイル形式が違っていたり、カラー情報の指定があったり、解像度の問題があったり等、色々と違いが出てきますので、方向性を決めたうえで、事前に下調べをしてから相談すると話がスムーズかと思います。

6-1.CDジャケットを自宅で印刷する


CDジャケットを自宅で印刷する場合は印刷する紙が必要になります。
普通のコピー用紙だと、色も綺麗に表現できないので、写真光沢用紙やスーパーファイン紙を使うと良いでしょう。

僕は、CDジャケットのサイズを測って切るのが面倒なので、エレコムのCDケース用ジャケットカードを使っています。

ELECOM CD/DVDケースジャケット表紙 EDT-SCDI



これは最初から用紙に、CDジャケットのサイズに合わせたミシン目がついているので、簡単にCDジャケットが作れるんです。

専用印刷ソフトを使うことで、CDジャケットをぴったりミシン目に合わせて印刷できるので、面倒くさい用紙設定とかも不要で楽なので、非常に重宝しています。


7.CDのレーベル印刷に対応したプリンター


レーベル印刷CDの盤面=レーベルに直接印刷できるプリンターが今は多く出回っています。
CDのレーベルにイラストやプレイリスト等を印刷することで、リスナーがどんな曲が入っているのかをすぐにわかるように出来る為、リスナーの視点から見ても非常に大切と言えるでしょう。

CDレーベル面に印刷するには、当然CD-Rのレーベル面がプリンター印刷に対応したものを用意しなければなりません。

先ほど紹介した太陽誘電の「That´s」シリーズもレーベル印刷に対応した商品が多くラインナップされているので、併せて利用するのが理想的と言えます。

ちなみに僕はEPSONのプリンターを使用しています。

7-1.EPSON EP-706A


EPSON インクジェット複合機 Colorio EP-706A

新品価格
¥14,980から
(2014/1/18 15:00時点)



EP-706Aは僕の使っているプリンターの後継機になります。
>>製品概要<<

6色独立インクで、USB接続や無線LAN接続等、基本的なプリンターの機能を搭載したベーシックモデル。
A4サイズまでの印刷が可能なので、イベント時のチラシ印刷や、名刺作成にも対応します。
もちろんCDレーベル印刷も可能なので、これからイベントに参加する方には、もってこいの1台でしょう。

CDレーベル印刷専用のソフト「EPSON Print CD」も付属するので、すぐにオリジナルCDの制作を始められます。
EPSON Print CD



7-2.PIXUS MG7130


Canon インクジェット複合機 PIXUS MG7130 BK

新品価格
¥17,820から
(2014/1/18 15:00時点)



プリンターで高評価を得ているCanonもレーベル印刷に対応しているプリンターがあります。
最新のPIXUS MG7130がそれにあたります。
こちらも6色独立インク対応で、レーベル印刷可能。
本体カラーもブラック、ホワイト、ブラウン、レッドの4色から選べます。
>>製品概要<<

コピーからスキャナーまで完備した、高性能モデルながら、価格を抑えているのが嬉しいですね。


8.まとめ


同人CDを手焼きで作るための、必要な知識と、おすすめの材料について紹介してみました。
あくまでも、同人CDを作る方法の1例に過ぎませんが、これから同人CDを作りたいと考えている方に少しでも参考になったら嬉しいです。

物はアイデアとデザインだと思うので、手焼きで作ったCDでも工夫次第では、立派な物になると思いますよ。



最後まで記事を読んで下さってありがとうございました!
少しでも、このブログを読んで下さっている皆様の役に立てればと思っております。

今後も応援して下さる方は、ブログランキングの1クリックにご協力をお願いします↓

DTM ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村

あわせて読みたい!


コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright © ニコニコ道具箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます