iPhoneで演奏してみたを簡単に作れるオーディオインターフェイス「iTrack Pocket」|ニコニコ道具箱

ニコニコ道具箱

これからニコニコ動画でDTM、ボカロP、歌ってみた、動画師を始めたい方向けの総合情報ブログです。
初心者の方から、すでにニコ動デビューしている方にも役立つ情報を日々更新しています。
僕がボカロPとしてニコニコ動画で活動するようになってから得た、知識や経験などを合わせて、
次世代のクリエイターの方にお伝えしていきます。

iPhoneで演奏してみたを簡単に作れるオーディオインターフェイス「iTrack Pocket」

今や非常に多くの人が利用しているiPhone
僕も先日AndroidスマホからiPhone6に乗り換えました。

iPhoneユーザーの中には
「iPhoneを使って演奏してみた動画を簡単に作りたい」
なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、Focusriteからボーカルや楽器のレコーディングと動画撮影が簡単に出来てしまう、まさに演奏してみたにぴったりのiTrack Pocketが発売されました。

発売以後、かなり話題となっていてずっと気になっていたので、せっかくiPhone6にしたこともあり早速手に入れたので紹介したいと思います。 
iTrack Pocket

iTrack Pocketとは

iTrack Pocketとはロンドンの高級音響機器メーカーFocusriteがリリースした、簡単にiPhoneで高音質ミュージックビデオを製作できる画期的なポータブルデバイスです。

このiTrack Pocketは、ステレオマイクとモノラルインプットを備えたドック型オーディオインターフェイスと、アンプシュミレーターや簡易マスタリングが可能なImpact by Focusriteというアプリを組み合わせて使うことで、簡単に高音質な演奏動画が作れるようになっています。

iPhoneで簡単に演奏してみたが作れる
※iPhoneで簡単に演奏してみた動画が作れる

まずハードウェアの部分ですが、iPhoneを置ける台座型のオーディオインターフェイスの前面のメッシュ状の部分は一見スピーカーに見えますが、実はここがステレオマイクになっています。
ボーカルやアコースティック楽器の音は、この前面のコンデンサーマイクが拾ってくれます。

そして向かって右側の側面には、エレキギターやエレキベースなどのシールドが直接させるモノラルイン端子が備わっています。

シールドが直接挿せる
※MONSTER CABLE等のシールドが直接接続できる

エレキギターを演奏を録音すると同時に、マイクでボーカルの録音も出来るようになっています。
Impact by Focusriteというアプリの設定をすることで、

  • Stereo Mic Mode(マイク録音のみ)
  • Guitar + Mic Mode(マイクとラインの同時録音)
  • Guitar Mode(ライン入力の録音のみ)

と録音方法が選択できるので、単純に演奏動画だけ録画するならGuitar Modeにすると良いでしょう。

画像を見て気づいた方もいるかもしれませんが、Guitar Modeと言ってもエレキギターしか接続できないわけでは無いようです。
僕のようにエレキベースを接続することも出来るので、ギター以外の楽器の演奏も録音できますよ。

iTrack Pocketの左側面には入力LEVELを調整するダイヤルがついており、マイクやラインインの録音レベルを調整できるようになっています。

入力レベルが調整できる
※入力レベルが調整できる

ちなみに、電源はiPhoneからの供給だけで駆動するので、電源ケーブルを別途接続する必要はありません
iTrack PocketとiPhoneの接続は付属するLightningケーブルで接続するだけです。

Lightningケーブルで接続
※電源不要で接続も簡単

公式ホームページではiPhone 5、iPhone 5C、iPhone 5Sに対応と書かれていますが、Lightningケーブルを接続できるiOSタブレットであれば接続は可能なようです。
僕のiPhone 6も問題なく接続でき、動作しています。


Impactアプリと連携させることで本領発揮

ここまではハードウェアの説明になりましたが、このiTrack PocketはImpact by Focusriteという無料アプリと同時に使うことで本来の性能を生かすことが出来ます。

Impact スクリーンショット
※Impact By Focusriteのスクリーンショット

このImpactという無料アプリはギターアンプシュミレーター簡易マスタリングも可能となっており、ただのレコーディングアプリとは一味違います。
また、数回のタップでYouTubeのアップロードまで出来てしまう優れものなんです。

上の画像のスクリーンショット左側をご覧いただくとわかるとおりレベルメーターが表示されているので、適切な音量で録音できているか、クリップしていないかが録音中も一目で分かるようになっています。


ギターアンプシュミレーターを搭載

Impactには、3種類のギターアンプをモデリングしたアンプシュミが搭載されており、Twin、Brit、V-ACの中から選んで、音作りを楽しむことが出来ます。

V-AC
※画像はアンプシュミ「V-AC」

それぞれ、DriveReverbの調整が出来るようになっているので、音作りを楽しむことも出来ちゃいます。
ここで設定した音で録音されるので、録音後にエフェクトを変更することはできません。
じっくり音作りしてから録音に挑むと良いでしょう。

動画撮影はiPhoneの内側カメラを使うので、撮影時は左右が反転した状態になります。
上の画像ではレフティーに見えますが、僕は右利きです。
動画を撮影後のプレビュー時には、適切な向きで録画されていますので安心してください。


簡易マスタリングが出来る

動画を撮影し終わったら簡易マスタリングが行えるようになります。

簡易マスタリング
※画像はGuitar + Vocalセッティングの簡易マスタリング画面

簡易マスタリング画面では、EnhanceCompressの調整が行えるほか、あらかじめ用意されている5種類のモードを選ぶことによって、曲に合わせたエフェクトを使うことが出来ます。

具体的には

  • Acoustic Guitar(Small Room、Big Room、Chorus、Echo)
  • Guitar + Vocal(Small Room、Medium Room、Big Room)
  • Electric Guitar(Small Room、Echo、Large Room、Large Echo)
  • Female Vocal(Doubler、Huge Chorus、Big Room)
  • Male Vocal(Doubler、Huge Chorus、Big Room)

となっており、モードによって使えるエフェクトが違うのです。
最終的には耳で聞いて良ければいいので、色々と試してみるのがいいと思います。


動画のトリミング機能を搭載

納得いく音質になったら、動画をアップロード…といきたいところですが、実際に録画すると分かるのですが、録画のスタート・ストップはiPhoneの画面にタッチしなければなりません。

要するに、動画の最初と終わりに自分が録画ボタンを押しに行く姿といった不要な場面まで録画されています。

そんなときに役立つのが、動画のトリミング機能
動画の始まりと終わりの不要な部分をカットしてあげることが出来ます。

動画のトリミングも簡単
※画面上部のバーで必要ない部分をカットする


簡単に動画をアップロード

簡易マスタリングして、動画のトリミングも出来たらSAVEボタンを押して保存しましょう。
上書きと、別にして保存が選べるので、後からトリミングと簡易マスタリングを変更することも出来ます。

完成した演奏してみた動画はYouTubeに簡単にアップロードすることが出来ます。

YouTubeへ簡単アップロード

Save Videoを選択すれば、動画をiPhone内に保存して「写真」からいつでも観る事ができます。

iPhone標準ブラウザのSafariからニコニコ動画へログインすれば、先ほど保存した動画を直接アップロード出来ます。(プレミアム会員の必要があります)

動画形式は.MOVなので、自宅のPCに取り込んでからアップロードすることも出来ますよ。


まとめ

iPhoneで演奏してみた動画を簡単に作れるiTrack Pocketについて紹介させて頂きました。
iPhoneに接続するだけで高音質ミュージックビデオが作成できるので、演奏してみたを作りたい人にはまさにピッタリの製品と言えるでしょう。

iTrack Pocketの紹介ムービーがありましたので、最後に紹介しておきます。



いかがでしたか?

ちなみに、iTrack Pocketは単純にiOS用のオーディオインターフェイスとしても動作するので、他のアプリで録音するのにも使えます。
そう考えると、演奏してみた動画以外でも使い道は沢山ありそうですね。


■iTrack Pocketの動作環境
対応デバイス:Lightning端子を備えたiPhone 5以降
対応OS:iOS7以降


Focusrite iTrack Pocket  iTrack Pocket
 Amazon
 楽天市場
 Yahoo!ショッピング
 サウンドハウス




最後まで記事を読んで下さってありがとうございました!

少しでも、このブログを読んで下さっている皆様の役に立てればと思っております。
この記事良かったよ!役に立った!と言う人がいらっしゃったら、是非、ツイートやいいねのご協力をお願いします。

ブログランキングに参加中!今日のニコニコ道具箱は何位でしょう?↓

DTM ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村

あわせて読みたい!

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 匿名
    • 2015年01月28日 18:20
    • これって音楽流しながら録音ってできるんですか?
    • 2. 烏賊
    • 2015年02月01日 18:28
    • 本文で説明したとおり、本体前面のステレオマイクとラインインの2系統の入力になります。
      iPhone本体の音色を取り込んで重ねて録音できるものではないですが、入力系統を上手に使えば音楽を流した状態に重ねて録音も出来るのではないでしょうか?
    • 3. fuuko
    • 2015年04月12日 04:28
    • はじまして、突然ですみません。
      困っています。

      機械音痴です。
      昨日 iTrack Pocket を購入したのですが
      impactをダウロードして繋げたところ
      手順がおかしいのか
      録画画面になり、そのご何も表示されず
      再生もされません。
      アンプシュミレーションも出てこず、
      初期不良なのか心配です。

      何か手順が足りないのであれば、教えていただけたら
      嬉しいです。
    • 4. 烏賊
    • 2015年04月12日 16:48
    • fuukoさん、コメントありがとうございます。
      impactをダウンロードしたiPhoneをiTrack Pocketに接続した状態で、impactを起動すると自撮りのような録音画面になると思います。
      アンプシュミレーターはライン接続したときのみ有効です。
      録画録音したものがあれば、簡易マスタリングも出来ると思うので、試しに録画してみて色々なボタンをタップしてみてください。

      それでも解決しない場合は販売代理店のハイリゾリューションに確認してみてください。
      http://www.h-resolution.com/Focusrite/iTrackPocket.html
    • 5. あっくん
    • 2016年05月27日 22:18
    • 5 すみません!

      これってiPhone6sも使えるのですか??ヽ(´ー`)ノ

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright © ニコニコ道具箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます