ポータブルDTMスタジオ「KDJ-ONE」をキックスターターで手に入れろ!|ニコニコ道具箱

ニコニコ道具箱

これからニコニコ動画でDTM、ボカロP、歌ってみた、動画師を始めたい方向けの総合情報ブログです。
初心者の方から、すでにニコ動デビューしている方にも役立つ情報を日々更新しています。
僕がボカロPとしてニコニコ動画で活動するようになってから得た、知識や経験などを合わせて、
次世代のクリエイターの方にお伝えしていきます。

ポータブルDTMスタジオ「KDJ-ONE」をキックスターターで手に入れろ!

DTMに夢中になっている人は、思いついたフレーズを外出先で打ち込んだり、空いた時間で少しでも曲作りをしたい!って思いますよね。

今でこそスマートフォンやiPad等で外出先でもDTMが楽しめるようになりましたが、すべてタッチパネルというのは、やはり使いづらいというのが正直なところ。

かといってMIDIキーボードを持ち歩いたりするとかさばるし、オーディオインターフェイスなどまで持ち運ぶようになると「全然ポータブルじゃない」って気持ちになりますが、そんな考えを根底から覆してしまう製品が登場しました。

鍵盤インターフェイスといったハードと、DAWシンセサイザー等のソフトが融合したKDJ-ONEが、いよいよキックスターターで販売開始になるとの事なので紹介したいと思います。

KDJ-ONEイメージ

KDJ-ONEとは

KDJ-ONEとは、DTMに必要なハードとソフトをコンパクトに凝縮し、小型で携帯可能とした世界で初のポータブルミュージックスタジオです。

もう少し分かりやすく説明すると、携帯ゲーム機型の本体にDTMに必要な鍵盤や操作性を高める各種のコントローラが付属しており、搭載されているDAWを使っていつでもどこでもDTMを楽しめる、今までありそうでなかった製品なのです。

IMG_0023
※KDJ-ONEの試作機を触らせてもらいました

具体的な本体の機能としては、

  • 800×480の解像度を持つ5インチ液晶マルチタッチディスプレイ
  • 16鍵キーボード(ベロシティセンシィティブ機能付き)
  • ピッチベンド・モジュレーション用アナログスティック
  • オクターブUP/DOWNスイッチ
  • ジョグダイヤル
  • 2.0Wステレオスピーカー
  • USB 2.0ポート×1
  • micro USBポート×1
  • Mic/Line In
  • Line Out
  • ヘッドホンOut 

などが搭載されており、DTMに必要な機能が縦115.5mm、横174.2mm、高さ29.5mmのボディに凝縮されています。

KDJ-ONEハードウェア資料

また、リチウムイオンバッテリーを積んでおり、最長で10時間も稼働させることができるので、長時間充電しないで使えるのも大きなポイントではないでしょうか。

Linuxで動作する専用のDAWは、Cortex-A8 1GHzのCPU(iPhone等に採用)で動いており、ストレスなく動作してくれます。

このKDJ-ONEは、鬼斬コズミックブレイク等のオンラインゲームで有名なゲーム会社「サイバーステップ」が一から開発しているそうで、十字キーを備えたゲーム機型の本体にDTMの機材を詰め込むというアイデアはさすがゲーム会社ですよね。

このKDJ-ONEの開発はすでに4年以上前から始められており、2011年のNAMM Showでお披露目になったのですが、ハードウェアの問題からデザインを一新。
さらに進化を遂げて、この度リリースを目前に控えたという訳です。

実は先日、このKDJ-ONEを開発するサイバーステップ代表取締役社長の佐藤類さんから直々に、“KDJ-ONEのキックスターター発売にあたり、プリセットの曲を作って欲しい”と依頼があったので、大変興味深い機材であったことからも、取材も兼ねてお話を伺いに行ってきました。

IMG_0009
※サイバーステップ代表取締役社長の佐藤類さん

このKDJ-ONEで具体的にどのようなことが出来るのかというと、搭載されているDAWのピアノロールに液晶パネルにタッチしながら打ち込みを行ったり、ベロシティ対応のミニ鍵盤で直接リアルタイムに入力したりしながら曲を作ることが出来ます。

実際に使わせてもらったのですが、音源は2機のオシレータ、4機のモジュレータ、7種のフィルターなどを備えた強力なシンセサイザーが搭載されており、自由に音作りをしたり、プリセットから選んで音を使う事が出来ました。

SYNTH
※プリセットから音色を選んで編集することも出来る

これらの音源は同時に最大64音まで発音できるので、かなりボリュームのある作品作りが出来そうです。
1つの曲のプロジェクトをソングと言い、そのソング長は9999小節まで作成出来るようなので、ほぼ制限が無いと言っても良さそうです。

また、外部からのオーディオフォーマットにも対応しているので、KDJ-ONEにマイクを接続してボーカルを録音したものを曲に合わせたり、パソコンでボーカロイドを歌わせたWAVデータを取り込んでボカロオリジナル曲を作ったりすることも出来ちゃうんですね。

もちろん、DAWなのでミキサーも完備しており、トラックのレベルやPANの振り分け、エフェクトのSENDもしっかり設定できます
さらに、オートメーションに対応しているので、より煮詰めたMixも可能になっているのも見逃せないポイントだと思います。

MIXER
※LEVELやPAN等の設定が出来るMIXER画面

ポータブル可能などこでもDTMができる機材と言う事ですが、外部機器との連動も可能となっており、MIDIキーボードを接続してステップ入力することも可能。

自宅に帰ってからも、使い慣れたMIDIキーボードで曲作りの続きを行う事も出来るようです。

IMG_0026
※MIDIキーボードをUSB端子に接続することもできる

こうなってくると、iPadなどのモバイルデバイスとの差別化が気になるところですよね。
サイバーステップ代表取締役社長の佐藤類さんに、正直にこの疑問をぶつけてみました。

佐藤氏
KDJ-ONEは、これ1台でDTMに必要なものが全て揃っています。iPadのようなデバイスでもDTMを楽しめると思いますが、全てタッチパネルでの作業は使いづらい部分も多いですよね。
かといって、MIDIキーボードやオーディオインターフェイス等を接続するとケーブルが邪魔になったり、それこそ持ち歩く機材が増えてかさばるので全然ポータブルじゃないじゃないか…って。

このKDJ-ONEにはベロシティ対応のキーボードも、各種インターフェイスも備えていて、ピッチやモジュレーションが操作できるアナログスティックや、操作性にこだわったジョグダイヤルなどが最初からハードウェアとして備えられているんです。
ポータブルDAWというよりも、音楽スタジオを持ち運べる“ポータブルミュージックスタジオ”をコンセプトに作られているので、簡単に言えば、ハードウェアとソフトウェアのいいとこ取りをした製品なんですよ


と、KDJ-ONEに対して自信たっぷりにお答えいただけました。

IMG_0019
※デモ機は社内の工房で3Dプリンターを用いて制作されているようです

USBポートを利用してPCとデータのやり取りをしたり、プリセットやオーディオファイルを取り込んだりすることが可能とのことで、VOCALOIDを使うボカロPゲーム音楽制作チップチューンEDMなどのシーンで幅広く活用が期待できると思います。


KDJ-ONEの使い方、曲の作り方

ここまで説明するとKDJ-ONEでは、実際にどのように曲作りをするのか気になりますよね。
僕も実際に使いながら曲を作り始めているので、ご紹介しておきましょう。

KDJ-ONEでの作曲は主にパターンモードソングモードを駆使して制作していきます。
パターンモードで作ったパターンを、ソングモードに貼りつけて曲にしていきます。

ちなみにKDJ-ONEには標準で4GBのメインストレージを備えているので、ピアノロールにMIDIを打ち込む以外にもオーディオファイル(WAV)も取り込むことが出来るので、ボカロオリジナル曲などの歌モノも作れます。

パターンモード

パターンモードではパターンと言われる、最大6トラック・最大999小節で構成されるMIDIデータを作成します。
手始めにドラムトラックから作ってみます。

パターンモードには、MIXER画面、SCORE画面、VOICE画面の3つのモードが用意されています。
各トラックのピアノロールの打ち込みや音色の選択・編集は画面下部のトラック選択ボタンを押してアクティブ状態(黄色)にしてあげます。

MIXER画面説明
※画面はMIXERモード

パターンモードのミキサー画面で1トラック目を選択し、画面上部のトラックタイプ切り替えボタンDRUMボタンを押すと、音色がドラムマッピングに変わります。
ここをSYNTHにすれば1トラック目の音源はシンセサイザーに、CLIPにすればAUDIOクリップを扱えます。

さらに左下のVOICEボタンを押すと音色を変更する画面へ移ります。

ドラムトラック編集
※SYNTH、DRUM、CLIPでそれぞれ専用のインターフェイスが表示される

ここで好きなドラムセットをプリセットから選んでも良いですし、1から音色を作ってもいいでしょう。
今回はプリセットから音色を選択しました。

続けてMIDIノートを打ち込みます。
左下のSCOREボタンを押せば、ピアノロールが表示されます。

パターンモードtrack1
※パターン1の1トラック目にドラムの4つ打ちビートを入力

これらの作ったパターンや音色は右下のWRITEボタンを押すと好きな名称で保存できます。
パターン名は自分が分かればいいので、今回は「IKAP BEAT1」としておきました。

こうしてパターン「IKAP BEAT1」の1トラック目にドラムトラックを作りましたが、続けて2トラック目にはシンセベースを、3トラック目にはピアノ等を打ち込んでいく事で、ひとつの楽曲にしていきます。

ソングモード

パターンモードで作ったパターンは最大で6トラック・最長で999小節ですが、これらのパターンをソングモードでは4トラック扱えるようになっています。

つまり、最大で24トラック分の音色を同時に発音することが出来ると言う事です。
KDJ-ONEの曲作りの仕方としては、パターンモードで作った6トラックの曲をソングモードでさらに4つ重ねていく事で、音源を沢山使った曲作りが可能になっているのです。

ソングモード

スペースの関係でKDJ-ONEの全ての機能を紹介するのは難しいのですが、トラックメイク以外にもエフェクトも多数搭載しており、本当にこれだけで本格的に曲作りが出来る印象です。


Kickstarter(キックスターター)でお得に手に入れよう!

これだけ使えるKDJ-ONEをいち早くゲットしたい方へ、いち早くお得にゲットする方法を最後にお伝えしてきましょう。

今回紹介したKDJ-ONEは、クラウドファウンディングによる資金調達方法で制作が予定されています。
簡単に説明すると、前払い制・受注生産と考えると分かりやすいでしょうか。

このKDJ-ONEが欲しい人が投資をし、その資金を使って製品を製造する仕組みです。
Kickstarterもそのクラウドファウンディングのひとつです。

cyberstep代表取締役社長の佐藤類さんに価格はいくらぐらいなのか質問したところ、まだ最終的な価格設定には至っていないそうです。

ですが、今回のKickstarterプロジェクトが成功すれば、大量生産して世界へ流通され始めるそうです。
そのためにも多くの人にKDJ-ONEを手に取ってもらい、使って貰いたいのが一番の狙いとのこと。

もしかしたら、ほぼ原価に近い形での提供になるかもしれないとのことなので、いち早くお得にゲットしたい人は、Kickstarterで申し込みして手に入れるのが良いと思われます。

Kickstaterの申し込み開始は11月20日前後とのことなので、今からKDJ-ONEのサイトをチェックしておくといいでしょう。

■関連リンク


まとめ

ポータブルDTMスタジオKDJ-ONEは、ハードウェアとソフトウェアのいいとこ取りをした持ち運び可能なミュージックスタジオとして期待が高まりますね。

使ってみた感想としては、動作ももたつかず、タッチパネルの反応速度もストレスないので快適に使えると思います。
音源部も本格的に音作りが出来るシンセサイザーが搭載されており、WAVファイルも扱えるため、様々なジャンルの曲作りにも対応できると思います。

あのSlipknotのDJ STARSCREAMが、KDJ-ONEの魅力について紹介している動画がありますので、最後に紹介しておきましょう。




最後まで記事を読んで下さってありがとうございました!

少しでも、このブログを読んで下さっている皆様の役に立てればと思っております。
この記事良かったよ!役に立った!と言う人がいらっしゃったら、是非、ツイートやいいねのご協力をお願いします。

ブログランキングに参加中!今日のニコニコ道具箱は何位でしょう?↓

DTM ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村

あわせて読みたい!

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright © ニコニコ道具箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます