サポートが終了するWindowsXPのパソコンを使うDTMerが取るべき行動|ニコニコ道具箱

ニコニコ道具箱

これからニコニコ動画でDTM、ボカロP、歌ってみた、動画師を始めたい方向けの総合情報ブログです。
初心者の方から、すでにニコ動デビューしている方にも役立つ情報を日々更新しています。
僕がボカロPとしてニコニコ動画で活動するようになってから得た、知識や経験などを合わせて、
次世代のクリエイターの方にお伝えしていきます。

サポートが終了するWindowsXPのパソコンを使うDTMerが取るべき行動

2014年4月9日(日本時間)、Windows XPのサポートが終了します。
DTMをされている人の中にはWindows XPを利用している方も多いのではないでしょうか?

今回は、DAWやVOCALOID、ソフトウェア音源といったライセンスのアクティベート解除の事や、古いパソコンの扱い等、Windows XPをDTMのメインPCにしている方の取るべき行動をまとめてみました。

Windows

Windows XPのサポートが終了するとはどういうことか?


まず最初に、Windows XPのサポートが終了することで、具体的にどのような事が起きるか説明しておきましょう。

Windows XPのサポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。
要するに、インターネット接続をしているWindows XPパソコンは安全に使用できなくなると言う事です。

具体的には、ハッカーやウィルスに攻撃をされてデータやクレジットカード等の個人情報を盗まれて悪用されたり、自分のパソコンを乗っ取られて犯罪が起きたり…考えただけでも怖いですね。 

Windows XPは2001年に発売され、すでに10年以上も使われ続けてきました。
発売当時はインターネットの普及率もまだ低く、現在のように世界中のパソコンが有線・無線問わずインターネットで繋がっている状態ではありませんでした。

Windows XPはそのような時代に作られたOSなので、多様化する現在のサイバー犯罪の脅威などへ、細やかに対応するには限界を迎えてしまったのです。

こうしたサイバー犯罪からパソコンを守るには、ウィルスソフトも大事ですが、根本的なOSをより強固な物に取り換えて、セキュリティを高めていく必要があるとWindowsの開発元のマイクロソフト社は考えているようです。

そのマイクロソフト公式ブログで、Windows XPのサポート終了に関する情報がわかりやすく書いてあるので、併せてお読み頂けると、もっと詳しくサポート終了に関する情報が得られます。


Windows XP 対応ソフトウェアのサポートも終了

意外と落とし穴になりそうなのが、Windows XP対応ソフトウェアのサポートも併せて終了するケースです。

例えば、VOCALOID製品。
VOCALOIDエンジンの開発元であるYAMAHAより、旧世代OS(XP、Vista)上での動作保障とサポートを終了する旨がアナウンスされました。

これに伴い、初音ミク等をリリースしているCRYPTONや、MegpoidをリリースしているINTERNET等は、相次いでWindows XP対応商品について、Windows XP上でのサポートを終了する旨をアナウンスしています。

要するに、今後はWindows XP上で動作するソフトウェアの動作保障が行われないので、トラブルが起きてもメーカー側は対応してくれなくなると言う事です。

Windows XP環境でDTMをしている方は、今後、ソフトウェアだけではなく様々な機材の動作保障やサポートが受けられなくなる可能性が非常に高いので、十分注意して下さい。



XPがDTMマシンの場合はどうしたら良いのか?


Windows XPをDTMのメインPCにしている方は、今後どのようにしたら良いのでしょうか?
考えられる選択肢をいくつか紹介していきます。

インターネットを接続せずに使い続ける

Windows XPのサポートを終了する理由として、セキュリティの弱さが取り上げられています。
逆に言うとインターネットに接続しなければ、個人情報が流出したり、サイバー犯罪を受ける可能性はかなり減ると言う事になります。

今のパソコン環境で特に不満も無い場合は、この選択肢も暫くはアリだと思います。

ですが、新しいソフトウェアをインストールする場合、製品によってはインターネットに接続してアクティベートする必要が出てきます。
これはDTMに限った話ではないですが、このような場合、インターネット接続が行えないとアクティベートが出来ないケースも充分にあり得ます。
そう考えると、音源を追加したりする楽しみは無くなってしまいますね。

また、インターネットに接続しなくても、他のパソコンからUSBメモリ等を介してウィルスを貰う可能性があるので、十分注意しましょう。


OSをWindows 8.1へ載せ替える

Microsoft Windows 8.1

 Microsoft Windows 8.1

お使いのパソコンをそのままに、OSをWindows 8.1へ載せ替えるのがコスト的には一番かもしれません。

DTMで使われる最新のDAW等は、Windows 7以降のOSでしか動作しない為、新しいDAWを手に入れる良い機会にもなります。

Windows 8.1 はWindows XPや7と近い感覚で操作が出来るので、乗り換えてもあまり違和感はないと思います。
しいて言えば、最初のスタート画面がとっつきづらいかもしれませんが、使い慣れてくると便利になります。

スクリーンショット
※Windows 8.1のスタート画面

OSをWindows 8.1へアップデートする際にDTMerが気を付けたいのは、製品のアクティベート情報です。
今使っているWindows XPパソコンにWindows 8.1をインストールする時は、クリーンインストールといって、ハードディスクの記録を全て消した上にOSがインストールされます。

データのバックアップはもちろんですが、ソフトウェアの利用権利(ライセンス)がパソコンに記録されていても、消されてしまいます。
誤って消してしまったアクティベート情報は戻せませんので、十分に気を付けて下さい。

こうした場合は、各ソフトウェア販売元へライセンスの再発行をお願いすることになり、手間がかかりますので、インターネットが安心して接続できるうちにアクティベートを解除しておくことが必要と思います。

ソフトによってはライセンス消滅を免れないケースも存在します。
各社、その対応方法については違いがあるので、お使いのソフトを新しいOSで使い続ける為の情報をメーカーHP等で確認する必要があります。

また、Windows XP上で動作するソフトの中には、Windows 8.1で正常に動作しないものもあります。
ご自身の制作環境をよく確認したうえで、各自自己責任でOSのバージョンアップを行って頂ければ良いかと思います。

個人的な覚書になってしまいますが、アクティベートの解除の方法や、新OSへの導入方法などの関連リンクを用意しましたので、参考にしてみてください。


Windows 8.1をインストールする場合は、お使いのパソコンがシステム要件を満たしているか、必ず確認しておきましょう。
マイクロソフト社の公式ホームページで確認する事が出来ますので、パソコンに新しくWindows 8.1をインストールする予定の方は一度目を通すことをおすすめ致します。
>関連リンク マイクロソフト 「Windows 8のシステム要件」


新しいパソコンを手に入れる

パソコン
Windows XPのサポート終了を機に、新しいパソコンを手に入れて、新しい制作環境を築くことも、大きな選択肢の一つだと思います。

とりわけ、最近のパソコンは高性能ながらコストを抑えた製品が多く、Windows XPが発売された2001年の時よりも、非常にハイスペックなパソコンが10万円前後で手に入れられる時代となりました。

個人的には、Windows XPのサポート終了前に新しいパソコンを買い替える方法が、長い目で見て1番良いのではないかと思います。

その理由としては、古いパソコンを残しておけるのでバックアップの必要がないこと。

今までのパソコンに新しいOSをクリーンインストールする場合は、データのバックアップやアクティベーションの解除などを全て済ませたうえで行います。
この場合、万が一バックアップを取っていなかったり、アクティベーションを解除し忘れた場合でも、元に戻せないと言うリスクがあります。

それに比べて、新しいパソコンを用意する場合は、古いパソコンを残せるので、データやアクティベーションの移行が必要な時に、必要なだけ行う事ができるので、安心感があります。

安くて高性能なDTM向けのパソコンを賢く手に入れる方法については、以前書いた「失敗しないDTMのPC選び!おすすめはBTOパソコンだ!」で、詳しく紹介させて頂いたので参考にしてください。



古くなったWindows XPパソコンの処分方法


古くなったWindows XPパソコンの処分方法ですが、処分と聞くと

「まだまだ使えるのに勿体ない…」

と思うのも無理はありません。
買った当時は20万円ぐらいしたパソコンも、廃棄となると名残惜しい気持ちになりますよね。
かといって、全く使わない状態で捨てずに取っておくのは、保管スペースの無駄になってしまいます。

インターネットに接続しないでWindows XPのまま大切に使い続ける方法や、無料OSのLinux(リナックス)やUbuntu(ウブントゥ)をインストールして使い続ける方法もありますが、メインPCとして使う機会は少なくなるように感じます。

新しいパソコンでDTMをするのであれば、データとライセンスの移行が済むまでは取っておいて、移行が済み次第処分してしまうのが良いでしょう。

処分と言っても、捨てるのが全てではありません。
古いパソコンでも、新しいOSや無料OSをインストールすればまだまだ使えます。
逆にXPでしか動作しないソフトもあるため、世の中のWindows XPの需要が完全に無くなったわけではありません。

僕の考えですが、使わないものは売って、ちょっとしたお小遣い稼ぎをして、新しい機材の資金にした方が良いかと思っています。

今やエコの時代。
リユース、リサイクルとして、必要としている人に使って貰う方が、パソコンにとっても幸せなのではないでしょうか?

パソコン売るならソフマップ

ソフマップ買取

ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

ソフマップ・ドットコム 買取りサイトでは、パソコンの買取はもちろん、その他タブレット、スマートフォン、デジタルカメラ、DTM機器、ゲーム機、ゲームソフト等を買い取ってくれます。
もちろん、Windows XPパソコンも買い取ってくれます

DTM機器である、オーディオインターフェイスやMIDIキーボードなども買い取ってくれるので、DTMerの方には非常に嬉しい買取サイトなのです。

パソコンを売ったり・捨てたりする時に一番気を使うのが個人情報等のデータの削除ですが、業界大手のソフマップでは専用の機器・ソフトウェアでデータ消去を行っており、非常に安心できます。

また、買取額が3000円以上の場合は引き取り手数料と振り込み手数料がかかりません。
逆に言うと、壊れて動かないゴミは引き取ってもらえないうえ、送料を取られるので、悪用はしないでください。

送る前に買取金額を検索することも出来るので、是非活用してみて下さい。
買取価格が3000円に満たない場合でも、他のものと併せて買い取って貰って3000円超えれば良いので、まとめて買い取ってもらうようにするのが、賢いソフマップの使い方です。


ライズマークでパソコンを無料で廃棄する

ライズマーク

ライズマーク

ライズマーク ではパソコンの無料回収を行ってくれます。
ここは、壊れていても無料で回収してくれる業者なので、先ほどのソフマップに送っても値段がつかない場合は、この業者を頼むと良いでしょう。

もちろん、データ消去も無料で行ってくれます。

運送会社が引き取りに来てくれて、伝票を書く手間が無い、無料回収がおすすめです。
※直接送り付ける方法もありますが、運送会社が佐川急便指定なのが使いにくいです。


まとめ


Windows XPのサポートは2014年4月9日(日本時間)で終了します。

インターネットに接続しなければ、そのまま使い続けることも可能ですが、これを機に新しいOSに載せ替えて最新のDAWを使ったり、思い切ってパソコンを新調する選択肢を選ぶ方が、後々の活動に幅が出てくるのではないでしょうか?

不要になったパソコンは、ソフマップで売って小遣い稼ぎをするか、もしくはライズマーク で廃棄処分をしたほうが、不要な保管場所を取らずに済むと思います。

いずれにしても、Windows XPのパソコンはインターネットに接続することが危険な状況になってきます。
出来るだけ早い時期に、現在のWindows XPからライセンスやアクティベートを解除して、新しいパソコン環境に移しておくことが大事と言えるでしょう。
尚、OSのバージョンアップやライセンス・アクティベートの移行につきましては、自己責任の上対応願います。






最後まで記事を読んで下さってありがとうございました!
少しでも、このブログを読んで下さっている皆様の役に立てればと思っております。
この記事が参考になりましたら、是非、ツイートやいいね!のご協力をお願いします。

ブログランキングに参加中!今日はニコニコ道具箱は何位でしょうか↓

DTM ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村

あわせて読みたい!


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スポンサードリンク

お問い合わせ

Copyright © ニコニコ道具箱 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます